よくある質問

肌への負担はどれくらい?
いずれも“毛根部にダメージをあたえる”という行為なので、ヤケドやそれが原因の色素沈着を起こす可能性はゼロではありません。施術した当日はその部位が炎症状態を起こした状態になっているので、家に帰ってもホームケアをきちんとしていただきます。もちろんサロンでもきちんと殺菌・消毒し、クールダウンしていくのでぜんぜん心配ありませんが、ある程度のリスクはつきものです。でも自分で自己処理をしなくなるだけで、毛穴のブツブツや肌のザラザラ・ゴワゴワから解放され、つるつるになってくるので、絶対におすすめです。アレルギーがある方、肌が敏感な方はエステシャンにあらかじめ言っておくと、その人の肌にあった方法を教えてくれます。
どれくらい痛いの?
一般的には電気脱毛の方が痛みが強いと言われています。電気を毛穴に通すときに刺すような痛みがありますが、ワキは比較的耐えられる人が多いです。一方「あまり痛くない」と言われるIPL脱毛も、部位によっては痛い場合もあります。ビキニなど敏感な部位は、パチパチッとゴムではじかれているような痛みがあります。冷却装置がついているタイプは比較的痛みが少ないです(フェラーラはついてるよ)。でも痛みは人によってそれぞれなので、パッチテストや体験コースなどで、どのくらいの痛みかためしてみるのが一番!!
どんな部位でも脱毛できるの?
基本的に毛が生えていればどこでも全身OKですが、IPL脱毛に関しては、黒ずんでいる所、ほくろの上の毛(電気もできません)、日焼けした直後にはできません。うすーい毛も基本的にはできません。顔などのこまかいところは繊細な技術がいるので、電気脱毛がおすすめです。うで・あしなど面積が広く、多少うぶ毛が残っても気にならない所はIPL脱毛がおすすめです。このように、うぶ毛や細かい毛もキレイにしたい人は電気脱毛、広い面積の所を早く脱毛したい場合はIPL脱毛と、使い別けるのがいいです。
美容脱毛すると肌がきれいになるってホント?
鳥肌のようにブツブツした毛穴やうもれ毛は、自己処理をしなくなるだけでずいぶんキレイになります。どうしても気になる方には、専用の美肌コースもありますが、5~6回くらいでかなりホワイトニング効果があるので、是非試してみてください。
毛は生やしていかなくちゃいけない?
電気脱毛では、基本的に自己処理をしてはいけません。どうしても・・・という場合のみ、シェーバーでする程度。でも電気脱毛をする当日は、最低2mm伸ばして来て下さい。ピンセットでつまめる長さがどうしても必要だからです。また。IPL脱毛は、脱毛時間が長いため、自己処理はシェーバーのみOKですが、あまりうしない方が早く毛の量がぐんと減ります。どちらも毛抜きで根元から抜くと、そこは処理できず、脱毛時間がのびてしまうのでやめましょう。
1回あたりどれぐらい時間がかかりますか?
IPLはまじで早いっっ。平均で両ワキ10分くらい。ビキニラインで15分。うでは1時間。あしは2時間半くらい(面積が広いほど時間がかかる)。1×2センチのブローブを肌に当ててくだけだから早いのも当然!一方電気脱毛だと、両ワキで1時間くらいかかる人もいるので、時間にゆとりをもって来ることをおすすめします。ただ、2人の脱毛士さんがついたり、条件によっていろいろ変わるので、予約の時はよく確認してみて!
ケアはどうしたらいいの?
IPL脱毛は、サウナ、ゆぶねにつかる、激しいスポーツ、石鹸でゴシゴシ洗う、大量のお湯を飲むなど、体に熱がこもるような事は禁止です。あと、脱毛終了までは日焼けも禁止です。UVケアをきちんとして下さい!電気脱毛後も基本的には同じですが、IPL後より、赤みと痛みを伴うので、赤みがひくまではシャワーですごし、きちんとホームケア商品を使い、炎症をおさえてあげましょう!!
本当に生えてこないの?もし生えてきたらお金はどうなるの?
電気脱毛は20年以上も歴史があり、効果はほぼ実施されていますが、IPL脱毛(レーザー脱毛)というのは、まだ5年ほどの歴史しかないため、“必ず10年後も生えません!”と断言できない現状にあります。でも、「1本残らずつるつるにしたいのよ!!」という人でなければ、IPL脱毛でも十分に満足のいく結果がでていますので、あとはしっかりした技術をもったエステティシャンのいる、サロンを選びましょう。
PAGE TOP